出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「や」は間投助詞》

[副]
  1. さあどうだか。→いさ1

    1. 「―また変はるも知らず今こそは人の心をみてもならはめ」〈和泉式部集・下〉

  1. さあどうだかわからない。→いさ2

    1. 「歌の道のみ、古 (いにしへ) に変はらぬなどいふこともあれど、―」〈徒然・一四〉

[感]
  1. 明確に答えられないときなどに用いる語。さあ、どうだか。

    1. 「さてその文のことばはと問ひ給へば、―、ことなる事もなかりきや」〈・帚木〉

  1. 軽く否定するときなどに用いる語。いや。でも。

    1. 「―、ありもとぐまじう思ひにたる世の中に、心なげなるわざをやしおかむ」〈かげろふ・中〉