出典:デジタル大辞泉(小学館)

松尾芭蕉およびその門流の俳風。寂 (さび) 撓 (しお) り細み軽みを重んじて幽玄閑寂の境地を求め、連句付合 (つけあい) には、移り響き匂 (にお) い位 (くらい) などの象徴的手法を用い、俳諧を真の詩文芸として発展させた。正風。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉