いさら の意味

  1. [接頭]水に関係あることを表す名詞に付いて、小さい、細い、少ない、という意を表す。「いさら波」「いさら水」

いさらの慣用句

  1. いさらい【いさら井】
    • 水の少ない井。ちょっとした湧き水や、水の流れ。
      「亡き人の影だに見えずつれなくて心をやれる―の水」〈・藤裏葉〉
  1. いさらがわ【いさら川】
    • 水の少ない小さな川。いさらおがわ。
      「御草鞋(わらんず)に流るる血は、草葉に染めて、―紅葉しがらむ如くなり」〈浄・女楠〉