出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 根拠となる原本。

  1. 歌舞伎の上演用脚本。役者のせりふや動作、大道具・小道具・衣装・音楽などを詳しく書いた筆写本。台帳。根本 (ねほん) 。

  1. 浄瑠璃説経節長唄などの詞章に曲節の譜を記入した版本。

  1. 太夫使用の原本と仮名遣いや節付けが同じ浄瑠璃本

  1. せいほん(正本)

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉