出典:デジタル大辞泉(小学館)

(梵)Śrīmālā》インド舎衛国の波斯匿 (はしのく) 王の娘。阿踰闍 (あゆじゃ) 国の王に嫁した。父に勧められ深く仏法に帰依したので、仏が示現して説法したという。その内容が勝鬘経とされる。

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉