出典:デジタル大辞泉(小学館)

室町時代から江戸初期、五山の僧侶や学者などによってなされた漢籍仏典国書の講義記録や注釈書の総称。本文の語釈・通釈が主で、室町時代の国語資料として貴重。「論語抄」「史記抄」「碧巌録抄」「日本書紀抄」などのように、原典名に「抄」を付した書名が多い。しょうもつ。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉