出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形]《室町時代の語》取り立てていうだけの価値がある。素性正しい。りっぱである。
  • 「私の事でござれば、別に―・いものでもござらぬ」〈虎寛狂・素襖落