出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 仏語。清浄で透明な瑠璃(青金石)。また、清浄なもののたとえ。

  1. 語り物の一。室町中期から、琵琶扇拍子の伴奏で座頭が語っていた牛若丸浄瑠璃姫の恋物語に始まるとされる。のちに伴奏に三味線を使うようになり、題材・曲節両面で多様に展開、江戸初期には人形操りと結んで人形浄瑠璃芝居を成立させた。初めは金平 (きんぴら) 播磨 (はりま) 嘉太夫 (かだゆう) 節などの古浄瑠璃が盛行。貞享元年(1684)竹本義太夫が大坂に竹本座を設けて義太夫節を語り始め、近松門左衛門と組んで人気を博し、ここに浄瑠璃は義太夫節の異称ともなった。のち、河東一中宮薗 (みやぞの) 常磐津 (ときわず) 富本清元新内節などの各流派が派生した。浄瑠璃節。

出典:青空文庫