出典:デジタル大辞泉(小学館)

承和9年(842)伴健岑 (とものこわみね) ・橘逸勢 (たちばなのはやなり) らが謀反を企てたとして、二人が流罪となり、仁明天皇の皇太子恒貞親王が廃された事件。藤原良房の陰謀といわれ、事件後、良房の甥 (おい) の道康親王が皇太子となった。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉