出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 仏語。認識の主観である心に、精神作用を起こさせる客観。⇔能縁

  1. ゆかり。知るべ。「両親に所縁の地」

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉