出典:デジタル大辞泉(小学館)

連歌・連句を書きつける懐紙の1枚目の表側。百韻では発句 (ほっく) から第8句まで、歌仙では第6句までを書き記す。→初裏 (しょうら)