出典:デジタル大辞泉(小学館)

涅槃経 (ねはんぎょう) にある4句の。諸行無常・是生滅法・生滅滅已・寂滅為楽のこと。釈迦 (しゃか) が過去世に雪山 (せっせん) 童子として修行中、羅刹 (らせつ) に姿を変えた帝釈天からこの偈の前半を聞いて感動し、後半を聞くために我が身を捨てたという。いろは歌はこの偈の意を詠んだものという。雪山偈。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉