出典:デジタル大辞泉(小学館)

さまざまな職人の仕事やその風俗を描き集めた絵画。鎌倉後期以降「東北院職人歌合」など職人の歌合わせに仮託した絵巻物が作られたが、桃山時代から江戸初期の近世風俗画の興隆に伴って画帖 (がじょう) ・屏風 (びょうぶ) 絵などが流行した。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉