しょくぶつ‐きょく【植物極】 の意味

  1. 後生動物の卵の主軸によって定まる二つの極の一。端黄卵ではここに卵黄が多く、全割卵ではここが内胚葉になる。→動物極