出典:デジタル大辞泉(小学館)

国民の食糧の確保および国民経済の安定を図るために食糧を管理し、その需給・価格の調整、流通の規制を行うことを目的とする法律。昭和17年(1942)施行。平成7年(1995)、「主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律(通称、食糧法)」の施行に伴い廃止。食管法。→食糧法

[社会/法律]カテゴリの言葉