出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]2が原義》
  1. 気を使わないために生じた手落ちがあること。また、そのさま。手抜かり。多く、下に否定の語を伴って用いる。

    1. 「お前に―は有るまいけれど」〈一葉十三夜

    2. 「これは御―でございます」〈滑・膝栗毛・二〉
  1. 《「論語」八佾 (はちいつ) の「祭ること在 (いま) すが如くし、神を祭ること神在 (いま) すが如くす」から》(如在)眼前に神・主君などがいるかのように、謹みかしこまること。にょざい。

    1. 「日を逐うて―の霊殿を仰ぐ」〈謡・松尾〉

[補説]「さい」は「在」の漢音。誤って「如才」とも書いた。

出典:青空文庫