出典:デジタル大辞泉(小学館)

卜定 (ぼくじょう) された斎王 (いつきのみこ) が潔斎のために野宮 (ののみや) にこもるまで、宮城内に便利な地を定め、仮に移り住んだ所。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉