出典:デジタル大辞泉(小学館)

中世、荘園の本所職・名主職、寺社の別当職、鋳物師職などの職務。のち、物権化し、相続・質入れ・売買などの対象となった。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉