出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 取り除くこと。除外すること。

    1. 「及ぶ可く限り其弊害を―するにあり」〈利光鶴松・政党評判記〉

  1. 裁判官裁判所書記官などが、事件やその当事者と特殊な関係にある場合に、裁判の公正を期するため、その事件の職務執行ができないものとすること。→回避忌避

  1. 法人の清算などの場合に、一定期間内に届け出や申し出をしない債権者弁済・配当から除外すること。