出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 最後に落ち着くところ。

    1. 「せっかく鳥に生まれて来ても、…なんの―もないことじゃぞ」〈賢治・二十六夜〉

  1. 仏語。経文などによって表される内容。能詮 (のうせん) に対していう。

[副]
  1. 最後に行き着くところを述べるときに用いる。どうこう言っても結局は。つまるところ。多く、否定的な意味の語句を伴って用いる。「所詮かなわぬ夢」「生意気を言っても、所詮は子供だ」

  1. (命令・意志を表す語句を伴って)こうなったうえは。それでは。

    1. 「―こなたの念仏をば留め候ふべし」〈謡・隅田川

出典:青空文庫

出典:gooニュース