出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1583~1672]江戸前期の漢詩人・書家。三河の人。名は重之、字 (あざな) は孫助。別号、六六山人など。徳川家康に仕え、大坂夏の陣で活躍。のち京都に詩仙堂を建てて住んだ。詩文集に「新編覆醤集 (ふしょうしゅう) 」。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉