しょ‐たい【所帯/世帯】 の意味

  1. 《身に帯びているものの意》
  1. 一家を構えて独立した生計を営むこと。また、そのくらし向き。せたい。「―が苦しい」
  1. 住居や生計を同じくする人たちの集合体。せたい。「女―」「大―」「―数」
  1. 所持している財産・領土や、ついている官職など。
    • 「―所職を帯する程の人の」〈平家・三〉
  • 名詞

しょ‐たい【所帯/世帯】の慣用句

  1. 所帯を持つ
    • 一家を構えて、独立した生計を営む。また、結婚して家庭をつくる。
  1. しょたいくずし【所帯崩し】
    • 一度持った所帯を解消して、わかれること。また、その人。
      「乳呑子を背負った―の上さん」〈風葉青春
  1. しょたいくずれ【所帯崩れ】
    • 結婚した女性が所帯じみてきて新婚当初の魅力を失うこと。「所帯崩れのない若々しい母親」
  1. しょたいどうぐ【所帯道具】
    • 一家を構えて暮らすのに必要な道具類。たんすや台所道具など。
  1. しょたいぬし【所帯主】
    • 所帯の中心になる人。せたいぬし。
  1. しょたいもち【所帯持(ち)】
    • 所帯を構えて生計を営む人。
    • 家計のやりくり。「所帯持ちがいい女房」
  1. しょたいやつれ【所帯窶れ】
    • [名](スル)家計のやりくりや家事などで苦労が絶えず、やつれた様子になること。
  • しょ‐たい【所帯/世帯】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・して、添乳の衣紋も繕わず、姉さんかぶりを軽くして、襷がけの二の腕あたり、日ざしに惜気なけれども、都育ちの白やかに、紅絹の切をぴたぴたと、指を反らした手の捌き、波の音のしらべに連れて、琴の糸を辿るよう、世帯染みたがなお優しい。

      泉鏡花「海異記」

    • ・・・       三 こんな年していうことの、世帯じみたも暮向き、塩焼く煙も一列に、おなじ霞の藁屋同士と、女房は打微笑み、「どうも、三ちゃん、感心に所帯じみたことをおいいだねえ。

      泉鏡花「海異記」

    • ・・・……「失礼だが、世帯の足になりますか。

      泉鏡花「小春の狐」