出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]どうすることもできないこと。始末におえないこと。また、そのさま。「万策尽きた処置無しな状態」