出典:デジタル大辞泉(小学館)

浄瑠璃三浦大助紅梅靮 (みうらのおおすけこうばいたづな) 」を、三段目の切 (きり) 「星合寺」(現行は鎌倉八幡宮)の段を中心に上演するときの通称。特に歌舞伎でいう。