出典:デジタル大辞泉(小学館)

遺産分配。かたみわけ。

「―の大法は、たとへば千貫目の身代なれば、惣領 (そうりゃう) に四百貫目、居宅に付けて渡し」〈浮・胸算用・二〉