しょめん‐しんり【書面審理】 の意味

  1. 裁判所訴訟審理を口頭によらず、書面によって行うこと。裁判所以外の行政官庁が書面の提出を求めて判断を下す場合にもいう。