出典:デジタル大辞泉(小学館)

流行歌の一。一節の最後に「しょんがえ」という囃子詞 (はやしことば) をつける。江戸初期から明治時代まで歌詞・曲調を変えてうたわれた。