しら‐じ〔‐ヂ〕【白地】 の意味

  1. 紙・布などの、まだ書いたり染めたりせず、白いままのもの。しろじ。
  1. きむすめ。処女。
    • 「―の娘ども、傾国の風俗を見習ひ」〈風俗文選・百花譜〉
  • 名詞

しら‐じ〔‐ヂ〕【白地】の慣用句

  1. しらじけいほう【白地刑法】
    • 一定の刑罰だけを法律で規定し、罪となる行為の具体的内容は他の法令に譲っている刑罰法規。空白刑法。白地刑罰法規。空白刑罰法規。
  1. しらじこぎって【白地小切手】
    • 要件の全部または一部を空白にし、後日その空白にした要件を取得者に補充させる意思で振り出した小切手
  1. しらじしきうらがき【白地式裏書】
  1. しらじてがた【白地手形】
    • 手形行為者が要件の全部または一部を空白にしたまま署名し、後日その空白にした要件を取得者に補充させる意思で流通においた手形。
  1. しらじひきうけ【白地引受】
  1. しらじふりだし【白地振出】