出典:デジタル大辞泉(小学館)

縄文時代の打製石器。長さ5センチ前後で、ナイフとして用いた。つまみの部分にひもを掛け、腰などに下げたらしい。石匕 (せきひ) 。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉