出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]

  1. (「…はしらず」の形で)問題にしないでおく、さておいてなどの意を表す。「明日は―、ともかく今日のことを考えよう」

  1. (他の語の下に付いて)気にしないさま、それがないと思えるさまを表す。「怖いもの―」「天井―」

  1. (文頭に用いて)以下のことはどうだかわからないがという意を表す。

    1. 「―、生まれ死ぬる人いづかたより来たりていづかたへか去る」〈方丈記

出典:gooニュース

出典:青空文庫