• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しらず‐がお〔‐がほ〕【知らず顔】例文一覧 2件

  1. ・・・古今の英雄の詩、美人の歌、聖賢の経典、碩儒の大著、人間の貴い脳漿を迸ばらした十万巻の書冊が一片業火に亡びて焦土となったを知らず顔に、渠等はバッカスの祭りの祝酒に酔うが如くに笑い興じていた。 重役の二三人は新聞記者に包囲されていた。自分に・・・<内田魯庵「灰燼十万巻」青空文庫>
  2. ・・・の恐ろしい破壊の荒野も知らず顔に、昭和五年の今日の夜の都を享楽しているのであった。 五月にはいってから防火演習や防空演習などがにぎにぎしく行なわれる。結構な事であるが、火事よりも空軍よりも数百層倍恐ろしいはずの未来の全日本的地震、五六大・・・<寺田寅彦「時事雑感」青空文庫>