出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 白色の玉。特に真珠をいう。

  1. 白玉粉を水でこね、小さく丸めてゆでた白い団子。冷やして砂糖をかけたり、冷たい砂糖水に入れたりして食べる。 夏》「―にとけのこりたる砂糖かな/虚子

  1. 白玉椿 (しらたまつばき) 」の略。