出典:デジタル大辞泉(小学館)

九州の有明海八代海 (やつしろかい) で、夜間無数の光が明滅する現象。漁船の漁火 (いさりび) が異常屈折によって光像を作るために起こる。八朔 (はっさく) (陰暦8月1日)ごろの月のない夜に多くみられる。 秋》「―の見えぬ芒にうずくまり/久女