出典:デジタル大辞泉(小学館)

銀めっきをすること。一説に、白土などで白く塗ること。また、そのもの。

「をちこちに鳥踏み立て―の小鈴もゆらに」〈・四一五四〉