出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. (「素拍子」とも書く)雅楽声明 (しょうみょう) で、笏 (しゃく) 拍子扇拍子だけで歌うこと。

  1. 平安末期から鎌倉時代にかけて流行した歌舞。また、それを演じる遊女。今様などを歌い、水干立烏帽子 (たてえぼし) 佩刀 (はいとう) の男装で舞ったので男舞といわれた。のちの曲舞 (くせまい) などに影響を与えたほか、にも取り入れられた。

  1. 江戸時代、遊女のこと。

出典:青空文庫