出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. マユミで作った白木の丸木弓。

  1. 白巻弓 (しらまきゆみ) 」に同じ。

[枕]弓を張る・射る・引くなどの意から、「はる」「い」「いる」「ひ」「ひく」「かへる」などにかかる。
    1. 「―いま春山に行く雲の」〈・一九二三〉

    2. 「―かへるさ急ぐ人の別れ路 (ぢ) 」〈玉葉集・恋二〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉