出典:デジタル大辞泉(小学館)

福島県いわき市内郷白水 (うちごうしらみず) 町にある真言宗願成 (がんじょう) 寺の阿弥陀堂の通称。永暦元年(1160)国守岩城(平)則道の後室徳尼(藤原秀衡の妹)が亡夫を追善するために独立仏堂として建立。3間四方の方形造 (ほうぎょうづくり) で、平安後期の阿弥陀堂形式を代表する遺構。国宝。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉