しらみ‐ばえ〔‐ばへ〕【××蠅】 の意味

  1. 双翅 (そうし) 目シラミバエ科のハエの総称。体は小形で扁平。翅 (はね) は退化的で、鳥類や哺乳類に外部寄生する。馬・牛などの吸血害虫のウマシラミバエが代表種。