じ‐り【事理】 の意味

  1. 事の筋道。道理。「事理明白」
  1. 仏語。事と理。すなわち、外相 (げそう) である相対的差別の現象と、その本体である絶対平等の真理。
  • じ‐り【事理】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・国家の法を裁すべき判事は、よく堪えてお幾の物語の、一部始終を聞き果てたが、渠は実際、事の本末を、冷かに判ずるよりも、お米が身に関する故をもって、むしろ情において激せざるを得なかったから、言下に打出して事理を決する答をば、与え得ないで、「・・・

      泉鏡花「政談十二社」

    • ・・・おそらく芭蕉は少なくも無意識にはこれらの事理に通暁していたではないかと想像される。

      寺田寅彦「連句雑俎」

    • ・・・ 然りといえども、よく事理を詳し、そのよるところ、その安んずるところを視察せば、人おのおのその才に所長あり、その志に所好あり、所好は必ず長じ、所長は必ず好む。

      福沢諭吉「中元祝酒の記」