出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 口の方が広く、底の方が小さくなっていること。また、そのもの。しりすぼり。しりすぼみ。「尻窄まりな(の)土器」

  1. はじめの勢いが、終わりになるにしたがって衰えてくること。しりすぼみ。「人気が尻窄まりになる」