出典:デジタル大辞泉(小学館)

《極端な倹約策を行った18世紀のフランスの蔵相Silhouetteの名からという》

  1. 横顔などの輪郭を描いて、中を黒く塗りつぶした絵。影絵。

  1. 後方から光が当たって浮かび上がった風景や人物などの輪郭。

  1. 一般に、物の輪郭。全体の形。アウトライン。「洋服のシルエット」

[補説]書名別項。→シルエット