出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]《形容詞「しる(著)し」の連用形から》はっきり見えるさま。
  • 「さまざまな色を重ねた袖口が、夜目にも―こぼれ出して来た」〈谷崎・少将滋幹の母〉