出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 杉の葉を集めて丸くし、酒屋の軒にかけてしるしとしたもの。さかばやし。

  1. 伏見の稲荷神社にある神木の杉。参詣者がその枝を折って帰り、久しく枯れなければ願いが成就するとされた。

    1. 「御堂の方より、すは、稲荷より賜はる―よとて」〈更級