出典:デジタル大辞泉(小学館)

砂と粘土との中間の大きさをもつ砕屑物 (さいせつぶつ) 。地質学では粒径16分の1~256分の1ミリのものをいう。沈泥。