出典:デジタル大辞泉(小学館)

古代の剣の一。柄頭 (つかがしら) を石でつくったものという。

「久米の子が頭椎 (くぶつつ) い―いもち撃ちてし止まむ」〈・中・歌謡〉

[補説]用例の「頭椎い」「石槌い」の「い」は上代の副助詞。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉