出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]しろ・し[ク]
  1. 雪のような色をしている。白色である。「ベンチを―・く塗る」

  1. 潔白である。無罪である。「―・いか黒いか、出るところへ出て決めよう」

  1. どの色にも染めてない。また、何も書き込みがない。「―・いままのカンバス」

  1. 明るい。鮮やかである。

    1. 「まいて、日など―・くなれば」〈宇津保・祭の使〉

  1. 経験に乏しい。野暮である。

    1. 「是見よがしに膝枕しながら、目を細めてじゃらじゃら言ひたがるは、いかう前方 (まへかた) な―・い人と心得べし」〈浮・禁短気・五〉

[派生]しろさ[名]