出典:デジタル大辞泉(小学館)

《揚げ代が夜は400文、昼は600文であったところから》天明・寛政のころ、江戸にあった下等の娼家 (しょうか) 。