出典:デジタル大辞泉(小学館)

しわの多く寄った、老人の首。へりくだった表現にも用いる。「皺首一つ、惜しくはない」