石橋(いしばし)を叩(たた)いて渡る の意味

  1. 堅固に見える石橋でも、なお、安全を確かめてから渡る。用心の上にも用心深く物事を行うことのたとえ。