出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 精神。こころ。また、こころの奥底。「心、技、体のそろった力士」「心の強い人」→心 (しん) から

  1. (多く「芯」と書く)もののなか。中央。中心。

    1. ㋐内部の奥深いところ。「からだの心まで冷える」

    2. ㋑中央にあって、重要な役割をになう部分。「鉛筆の心」「蝋燭 (ろうそく) の心」「一家の心となって働く」

    3. ㋒火が通っていない飯粒や麺の、中央の硬い部分。「心のある御飯」

    4. ㋓物の形状を保つために、その内部に入れるもの。「襟に心を入れる」

  1. 1が宿るとされたところから》心の臓。心臓。「心不全」

  1. 二十八宿の一。東方の第五宿。蠍座 (さそりざ) のアンタレスほか二星をさす。なかごぼし。心宿。

  1. 真 (しん) 7

  1. 仲間。友だち。

    1. 「おいらも―に入れねえな」〈滑・浮世風呂・前〉